どこまで知ってる?清水次郎長クイズ



クイズ回答のページです。答えに関連することや詳細は、青色の名称をクリックするとリンクされております。



問1 次郎長の本名は?
    1. 入江長八 2. 山本次郎八 3. 山本長五郎 

答え 3. 山本長五郎  次郎八(治郎八)は次郎長の養父で甲田屋の主。次郎長は生まれて直ぐ、この甲田屋の養子となった。当時、養子入りした者の名には必ず養父の名前の一部を頭に付けて呼ぶのが一般的な習わしだった。「次郎八の家の長五郎」なので「次郎長」と呼ばれた。
 入江長八については こちら



問2 次郎長が生まれた年と同年生まれの有名人はどなた?
    1. ナイチンゲール 2. ヘレンケラー 3. トーマス・エジソン

答え 3. ナイチンゲール 戦争の負傷者を敵味方分けへだてなく診た生き方は、咸臨丸事件の次郎長と不思議と符合しています。年表をご参考に。エジソンも比較的同世代の人



問3 次郎長の誕生日は?
    1. 元旦(1月1日) 2. 七夕(7月7日) 3. クリスマスイブ(12月24日)

答え 1. 元旦(1月1日) 江戸時代には、元旦に生まれし子は、実家に置いておくと大人物か大悪党になるという迷信があり、次郎長も養子にだされる。年表をご参考に。

問4 次郎長が生後すぐ養子に出された美濃輪町の甲田屋って何屋さん?
    1. 米屋 2. 廻船問屋 3. 魚屋

答え 1. 米屋 江戸の末期の美濃輪町界隈は巴川河口の旧清水湊であり徳川の恩恵で栄えたこの港町周辺は廻船問屋が軒を連ね、甲州廻米をはじめとする米蔵や米穀商と漁師や魚屋でほとんどを占めていた。次郎長の養子先の甲田屋はかなり裕福だったらしい。



問5 次郎長の墓はどこにある?
    1. 梅蔭寺 2. 清見寺 3. 鉄舟寺

答え 1. 梅蔭寺 大政、小政らがともに眠る次郎長菩堤寺。生前のエピソードも多い所である。咸臨丸事件の『壮士』の二十三回忌にあたって、興津清見寺で殉難者記念碑の除幕式が行われた。「食人之食者死人之事」の碑文は、時の農務大臣榎本武楊の揮ごうによる。鉄舟寺はもとは久能寺という由緒ある廃寺を山岡鉄舟が再興した寺。



問6 渡世人時代の次郎長のライバルと言えば?
    1. 新門辰五郎 2. 江尻の大熊 3. 黒駒の勝蔵

答え 3. 黒駒の勝蔵 次の問題の荒神山の血煙でも有名な、次郎長とは常に縄張り争いをした因縁のライバル。この勝蔵という人物に関してはこちら 。江尻の大熊は一代目のお蝶さんの義兄で次郎長とは兄弟以上の親友。新門辰五郎は次郎長より年配格の江戸の大親分。次郎長との関わりはこちらへ。



問7 荒神山の決闘て有名な荒神山(高神山)って何処にありますか?
    1. 愛知県 2. 岐阜県 3. 三重県

答え 3. 三重県



問8 次郎長を大衆の人気者に押し上げた講談や、なにわ節の基となった次郎長伝記の元祖本の題名は?
    1. 次郎長三国志 2. 東海遊侠伝 3. 侠客寡婦物語

答え 2. 東海遊侠伝 明治17年 東京与論社より出版される。題名『東海遊侠伝・一名次郎長物語』 侠客寡婦物語は「きょうかくごけものがたり」と読む。次郎長没後、女房だった3代目お蝶さんの懐旧談として、明治42年報知新聞附録に連載された。この関連記事はこちらへ。 次郎長三国志は、天田五郎の東海遊侠伝をもとに後世に書きくだされた次郎長武勇伝



問9 その著者でもあり、次郎長の養子入りもした人物の名は?
    1. 天田五郎 2. 広沢虎造 3. 高木三右衛門

答え 1. 天田五郎 戊辰戦争で母妹と生き別れになった五郎は山岡鉄舟をたより、後に次郎長に紹介されて養子入する。次郎長や子分たちから聞き出した数々の武勇伝を漢文でまとめてある。もともとは肉親探しを目的に出版する予定であったものが、結果的に、次郎長が賭博の一斉取り締まりで投獄された時に釈放の手助けをする資料となった。この本から次郎長伝説に関わる全てが始まったのはいうまでもない。 広沢虎造は、神田伯山の次郎長講談について学び、浪曲を取り入れて民衆の人気を得た。 高木三右衛門は次郎長の実父。



  問10 江戸城無血開城への道を開いた、西郷隆盛と山岡鉄舟の駿府での会見が行われた場所とは?
    1. 望嶽亭 2. 末廣 3. 松崎屋

答え 3. 松崎屋 正確には「松崎屋源兵衛」方である。山岡鉄舟が、江戸から勝海舟の親書を携えて、西郷隆盛が宿泊する駿府の伝馬町の松崎屋に向かう途中、由比の薩垂峠で東征軍に襲われる。そのとき鉄舟を匿ったのが望嶽亭の主人。秘密の通路をつたって海上より護送した者こそ次郎長であったと望嶽亭では伝えられている。 末廣は晩年、次郎長な波止場に開いた船宿。



  問11 「壮士墓(そうしのはか)」の墓碑名は誰の揮ごうによるものか?
    1. 勝海舟 2. 山岡鉄舟 3. 榎本武揚

答え 2. 山岡鉄舟 「死ねば仏。仏に徳川も官軍も無い」この次郎長の正義感と行動に胸を打たれた鉄舟は、壮士の墓碑に自ら揮ごうを申し出た。以降、終生まで次郎長との厚い親交は続く。 梅蔭寺の「侠客次郎長之墓」と、問5にもある興津清見寺で殉難者記念碑は榎本武楊の揮ごうによる。



  問12 では、「壮士墓(そうしのはか)」は誰を葬った墓?
    1. お蝶(次郎長の妻) 2. 咸臨丸の死者 3. 山岡鉄舟

答え 2. 咸臨丸の死者 明治1年、函館を目指し脱走した幕府の戦艦咸臨丸は、途中座礁や台風との遭遇等により命かながら清水湊に入港した。不幸は9月18日におこる。追って入港してきた討伐隊が無抵抗の咸臨丸の兵を惨殺し湾内に投げ捨てていったのである。討伐隊が去って数日、港周辺は異臭がただようも、この死者を葬ることは賊への荷担とされ誰も手をつけられなかった。次郎長は「人の世に処(い)る賊となり敵となる悪む所唯其生前のことのみ若し其れ一たび死せば復(ま)た罪するに足らんや」と云い(天田五郎著「東海遊侠伝」)、港内各所に流れ着いた死体を夜集め、こっそり無縁墓地に埋めた。現在の「壮士墓(そうしのはか)」の場所である。そして後に山岡鉄舟が、次郎長のその鉄人のような志に感じ「壮士墓」と書いて与えた。咸臨丸同様、幕府の脱走船の美加保丸は千葉沖で座礁沈没した。難を逃れ上陸してきた人々は脱走者という犯罪人として東京や静岡で処刑された。その合葬墓がJR静岡駅前の松坂屋の裏手の宝秦寺にある。こちらは「壮士之墓」と刻まれている。「壮士墓」のある市内築地町の方々は普段からこの墓を大切にしている。お参りや御供えをかかさずしてきた御老人が病気一つせず健康であったなど、大切にしているがゆえに良いことがあったり守られたり、地元に残るエピソードは多い。毎年、咸臨丸の死者の命日である9月18日には地元築地町の人々が中心となって供養祭がおこなわれている。咸臨丸と壮士墓について詳しくはこちらへ。 墓碑に揮ごうした山岡鉄舟は、東京谷中の墓地に眠っている。 



  問13 次郎長に「精神満腹」の度胸免状を贈ったのは誰?
    1. 西郷隆盛 2. 徳川慶喜 3. 山岡鉄舟

答え 3. 山岡鉄舟 次郎長は無宿者の若き日に三河寺津の小川武一について剣術を学んだ。一方鉄舟も無刀流を開眼させた。次郎長の実戦の中で鍛えた剣術や心構えは鉄舟にさらなる感動を与え、「精神満腹」の書を次郎長に贈った。次郎長はこのことがすごく嬉しかったらしく、後年になって末廣におとずれる要人に必ず自慢していたらしい。 西郷どんとの接見はなし。 徳川慶喜公は投網や釣りを興じに静岡から清水に頻繁にかよっていた。次郎長は影で護衛役をしていたと云う。2人の関係をかいま見るエピソードはこちらへ。



  問14 次郎長を清水湊の警固役に抜擢した人物は誰?
    1. 関口隆吉 2. 伏谷如水 3. 山岡鉄舟

答え 2. 伏谷如水 次郎長が咸臨丸事件でとった行動が、彼の後半生に光明を与えるきっかけとなるのだが、次郎長の真の人間性を見抜いて更正への道を開いてあげたのは、駿府町差配兼裁判所判事となった元浜松藩家老伏谷如水であった。伏谷は次郎長のそれまでの悪事をすべて水に流すかわりに駿河の港近辺の警固役を命じた。それまでアウトローとして裏街道を駆け抜けた次郎長を表舞台に引き上げたことは、次郎長の人生に大きなターニングポイントとなった。詳しくはこちらへ。 関口隆吉もまた次郎長にとっては恩ある人物。静岡県の初代県知事であるが、井之宮監獄から仮釈放させたのも旧幕臣で山岡鉄舟とも近かった関口の暗躍と推測される。いまや茶どころで知られる牧野原を拓き、旧幕臣の生計の途を講じたのも関口の功績である。関口の息子は、広辞苑をつくった新村出(いずる)である。 山岡鉄舟は次郎長に富士の裾野(富士市大淵町)の開墾をすすめた。



  問15 次郎長が日本で初めて開いたという英語塾のあったといわれる場所は?
    1. 明徳館 2. 松徳館 3. 如水館

答え 1. 明徳館 旧幕臣の新井幹が清水本町(成就院の中と推測される)に開いた私塾の部屋の一角を借りて開いたといわれている。明徳館は後に同市松井町に移され清水尋常小学校となり、清水小学校の前身となった。 松徳館はその清水小学校にほど近い、同町内自治会館。同敷地内には萬霊碑と松ヶ崎稲荷がある。 如水館は高校野球でもお馴染みとなった広島県の高校。こちらは次郎長とは無縁の黒田如水の関係。



  問16 倒幕後、次郎長は江戸からの旧幕臣らの難民を受け入れ世話役をした。このときの難民を地元民は何と呼んだか?
    1. おのぼりさん 2. おこまりさん 3. おとまりさん

答え 3. おとまりさん 王政復古の号令とともに江戸から駿河に旧幕臣が7千人近く移住してきたといわれる。清水湊に上陸する移住者に次郎長は子分を引き連れ炊き出しに加わった。移住者に財力はすでに無く、寺院や民家に仮住まいであった。当時、伏谷如水より港の警固役を命じられていた次郎長はこうした移住者たちの救護にあたったという。 「おこまり」は清水弁で、言うことを聞かない子、長じると不良の意。



  問17 次のうち次郎長がたずさわった事業はどれ?
    1. 相良の油田開発 2. 東海道線江尻静岡間開通工事 3. まぐろの油づけ缶詰の開発

答え 1. 相良の油田開発 相良の油田は幕臣村上正局(まさちか)により発見された。こののニュースを知った石坂周造は、素早く行動を起こし、正局と共同して石油採掘事業を始めた。鉄舟の義弟でもある石坂に次郎長は、富士裾野開墾に並行して石油開発にも協力し、たびたび清水港から相良に足を運んだ。詳しくはこちらへ。 「東海道線江尻静岡間開通工事」は、明治16年から静岡県令だった薩摩藩出身の奈良原繁が、敷設工事を次郎長に請負わせようとしたところ、次郎長はこれをきっぱり断ったという。明治17年2月の全国一斉の博徒刈り込みにて次郎長は静岡井之宮監獄に収監されるが、次郎長とはそりが合わぬ奈良原との鞘当てがあったものと推測される。 「まぐろの油づけ缶詰」は、はごろも缶詰のシーチキンに代表されるように、清水からでた輸出花形産業であるが、全く無関係というわけでもない。昭和初期にまぐろの油づけ缶詰を開発した村上芳雄氏は、相良の油田の発見者村上正局(まさちか)の曽孫にあたる人物だ。



  問18 次郎長の関わった事業の中に「富士山麓の開墾」があるが、このとき使った人夫は誰?
    1. 次郎長28人衆 2. 徳川旧幕臣 3. 囚人

答え 3. 囚人 明治17年、山岡鉄舟の薦めで次郎長は富士裾野(現富士市大淵町)の開墾に着手する。県令に助成金と静岡監獄の囚人(模範囚)のしようの許可を得た次郎長は、現場では囚人の腰縄を外し、家族との面会を自由にするなど大胆な活用をした。自ら汗を流し、大政や天田五郎ものちに監督作業にあたった。開墾は17年間におよび、耕した土地は76ヘクタールに達した。事業は途中で打ち切りになっているが、これは資金続かなかったことと、払い下げが難行して資金回収のめどが立たなかったからである。次郎長はこの開墾の地に養蚕学校をつくる構想をもっていたと伝えられる。 徳川の旧幕臣は関口隆吉の考案により、牧野原を開墾した。



  問19 次郎長が陰の立役者となり、横浜との定期航路を結び、廻船問屋達を説得して興した会社名は?
    1. 天野回槽店 2. 静隆社 3. 三保造船

答え 2. 静隆社 次郎長は清水港、開港の先鞭をつけた。次郎長は清水港が東海道の中央に位置し天然の良港であることから、将来、清水が発展してゆく道は、お茶作りをし、外国貿易によって港を繁栄させねばならぬと、清水や静岡の旦那衆を説いて、蒸気船3隻をつくらせ、静隆社という会社を作った。次郎長は横浜・神戸との定期航路を実現させ交易を盛んにし、築港工事を推進させそ、その意思は清水町の青年有志を動かし、開港場設置の運動となった。



  問20 次郎長が日ごろから口癖のようによく言った言葉は?
    1. 「理屈よりまず実地で...」 2. 「義理と人情」 3. 「成せばなる、成さねば成らぬ何事も」

答え 1. 「理屈よりまず実地で...」 次郎長は、重要時には必ず自らがその現場に出向き、その場を治めるいわば現場主義者。口数は少なかっと云われているが、その火のような行動力・先導力こそが、渡世人時代の前半生、実業家として要人と付き合った後半生、通して「親分」と慕われる、彼のもっての資質であった。富士の裾野の開墾も鉄舟の薦めではあったが、義理や恩ばかりでの事業ではない。自らが斧を振るい汗を流す喜び楽しみこそが、彼の原動力であったことが晩年の日課であった好きな畑仕事からも伺える。また、明治の博人一斉刈込みにより、静岡井之宮監獄に投獄された際にも次郎長は一言も請願しなかったと云う。どんな苦境にも自分の責任を全うする潔さもまた、男を引き立てている。また、浪曲や後出の物語などで語られる義理と人情というものも、勿論彼の一面であるが、それに加え次郎長は、先見性と行動力、責任感といった現代のベンチャー・リーダーにも問われる資質をも兼ね備えたスーパースターであり、今にちまで多くの企業家などに影響を与え、人々に愛され語り継がれてきた本当の由縁はそこにあるのだ。 「成せば成る、成さねば成らぬ成る業を成りぬと捨てる人のはかなさ」武田信玄の言った彼の信念とも言えるべき言葉。



    

どれくらい正解していたでしょうか?70点以上正解ならば市民レベル。出来なかった方は下記リンク先にて学習してください(笑)。

   



次郎長に関する質問に丁寧に御答えいたします。(会員、非会員問わず)
「次郎長翁を知る会」への入会方法なども こちらへどうぞ




『次郎長翁を知る会』HOME / 最新情報 / 船宿『末廣』/ 次郎長物語 /清水次郎長/静岡異才列伝/次郎長テスト/ お問合せ /


-web管理者-