次郎長の言動に感動
   『死ねば仏、官も賊もない』
      「咸臨丸事件」
     


● 山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)     

   次郎長に最も影響を与えた人物は誰かと聞かれれば、10人のうち10人までが山岡鉄舟と答えるだろう。
たしかに剣禅一如の人鉄舟は、明治の次郎長の生き方に大きく関わった。しかし私は、影響を与えたのは鉄舟の側からではなく、むしろ次郎長の方からだと言いたい。
 明治元年に起きたあの咸臨丸事件の時、鉄舟はスタートしたばかりの駿府藩幹事役であった。
 箱館を目指す幕臣たちを乗せた咸臨丸が難破船同然の姿で清水港に入った時、駿府藩幹部たちは困惑した。 明治新政府にとって咸臨丸に乗組んでいる幕臣たちは、歴とした反乱軍である。あたかも駿府藩は、自らの懐(ふところ)の中に爆弾をかかえ込むようなことになったのである。
 新政府に対しては、何が何でも、彼らを説得し箱館行きを中止、降伏させねばならない。咸臨丸が清水港に入ってきたのは明治元年8月、この頃はちょうど、東北では新政府軍が会津若松城を包囲攻撃中という時期だ。
 駿府藩がもたもたして1ヵ月も空費している間に、新政府軍の富士山丸、武蔵丸、飛竜丸の3艦が清水港に攻め入り、咸臨丸を砲撃の上、艦に残っていた副艦長春山弁蔵ら7人を斬殺した。砲撃の間に、乗組んでいた者の大半は、海に飛び込み、近くの三保貝島などに泳ぎ着いた。『復古記』には上陸した者80人を駿府藩に命じ「禁固セシム」とある。
 無抵抗のまま斬殺された7人の死体は、海中に投棄され、咸臨丸は翌朝、官軍艦によって品川まで曳航された。斬殺の7人のうち副艦長の春山弁蔵は長崎海軍伝習所の第1期生、草創期のわが国造船界にとって、かけがえのない人材であった。
 内戦の悲劇というべきだろう。彼らの死体は投棄されたまま海中に浮遊し、誰も手をつける者はいない。「賊軍に加担する者は断罪に処す」という新政府の厳重な布告が出ていたからである。
 そこで次郎長が登場する。「死ねば仏だ。仏に官軍も賊軍もあるものか」この有名なセリフを吐いて、次郎長は7人を向島の松の木の根もとに手厚く葬った。
 鉄舟は、目を洗われたかと思うほど感動した。次郎長は単なるバクチ打ちの親分、官軍が駿府に駐留している間、市中警護役として御用をつとめた男、いわば二足の鞋(わらじ)をはく目明かしか岡っ引きぐらいに思っていた。
 ところがそうではない。その言、その行動からすれば、次郎長の頭の中には、薩長とか徳川、あるいは征服者とか被征服者といった考えはない。あるのは、人間として正しいか、正しくないか、正か、邪かといった物差しだけである。鉄舟は心底から参った。
 次郎長と鉄舟の交わりは、この咸臨丸事件から鉄舟の亡くなる明治21年まで続いた。松岡萬をはじめとする大勢の幕臣たちとの交友もこの時からである。
 鉄舟がある時、次郎長に言った。
 「お前さん、一度理学の本を読んでみたらよい」
 次郎長は早速本屋へ行って「理学」の本を求めたというエピソードが、東海遊侠伝にある。この「理学」というのは、自然科学ではなく、明治初期にはやったベンサムの「利学」のことかと思われる。その方の次郎長の才を、鉄舟は認めていたのかもしれない。
 天保7年、幕臣小野朝右衛門の四男に生まれ、山岡家を継いだ鉄舟は62歳で没。東京、谷中の全生庵に葬られた。

産経新聞     『文化』より         平成11年(1999年)6月23日 水曜日



●山岡鉄舟に関する資料を添付いたします。

山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)  天保7〜明治21(1836〜1888)
 幕臣、剣道家。駿府で西郷隆盛と会見、江戸無血開城の糸口を付けた。幕末三舟の一人。御蔵奉行の小野朝右衛門高福(六百石)の四男として生まれた。通称は鉄太郎、名は高穂という。
朝右衛門が飛騨郡代になったので、共に高山に行き、北辰一刀流の井上清虎について剣を、岩佐一亭について入木道の書を習い始めた。父が死んだため江戸に帰り、安政2年(1855)講武所に入って腕を磨き、千葉周作をはじめ諸流に学ぶが、文久元年(1863)浅利又七郎義明に出会ってから剣に迷いが生じ、明治13年に開悟して無刀流を開くまで独力で研鑽を積んだ。同じ文久3年、若死にした槍の名人山岡静山の妹と結婚、山岡家を継いだ。静山の弟は先に高橋家を継いだ泥舟(でいしゅう)。鉄舟と泥舟は義兄弟となる。
攘夷運動の先頭に立ち、清河八郎、石坂周造らと新徴組結成を幕府に進言して容られ、取り締まりとして京都に行った。しかし清河が朝廷寄りの行動を主張したため、新徴組は分裂、鉄舟は責任を問われて江戸に召還、閉門処分になった。浅利と出会うのはこの閉門期間の時である。のち赦されて精鋭隊兵頭取格となったとき、戊辰戦争がはじまる。官軍が江戸城めがけて進軍してくるのを座視できず、高橋泥舟から勝海舟に話しを付けてもらい、攻撃中止交渉の使者として東海道を上った。途中、官軍に誰何されるが「朝敵徳川慶喜家来山岡鉄太郎、大総督府に通る!」と叫び虚をついて突破した話しが有名。
慶応4年(1868)3月9日、駿府(松崎屋)で西郷隆盛と会見、勝・西郷会談の下地をつくった。4つき25日に大目付けを兼務することになるが、これは彰義隊を鎮撫するのが役目であったろう。彰義隊の盟主格覚王院義観と火のでるような論戦を戦わすが、ついに彼の説得ができずに鉄舟が上野の山を下りた翌日、彰義隊はわずか1日の戦闘で潰滅してしまう。
維新後、駿府で静岡県権大参事(しずおかけんごんのだいさんじ)、茨城剣参事、伊万里県知事を歴任して過ごすが、明治5年(1872)、勝海舟と大久保忠寛の強い要請で宮内庁に入った。
侍従、宮内少輔、皇后宮亮などを歴任。その間、禅と剣の修行に励み、長いあいだ前眼に立ちふさがっていた浅利又七郎の幻影を突き破り無刀流を宣言することになった。明治も13年ともなれば、実戦として剣は全く無意味になっているが、鉄舟としては一種の人生哲学としての意味をもった。「無刀流剣術は勝負を争わず、心を澄まして胆を練り、自然の勝を得るを要す」と説明している。
明治初期を名士の一人として過ごしたわけだが、常識をおびやかす言動の少なくなかったのもそうした心境と無縁では無いだろう。清水港の大親分、次郎長に目をかけたり、放浪の天田五郎(のちの愚庵)を保護して次郎長の養子にする、あるいは父の仇をねらう臼井六郎のみたりしたのがそれだ。西郷隆盛によせられる共感と似たようなものが鉄舟にも寄せられていた、ともいえる。彼の宮内省いりを非難する声は多かったが、朝廷への忠のなかに徳川への忠があるのだという明快な論理で反論した。このとき鉄舟は笑って歌をつくった。

     晴れてよし 曇りてもよし富士の山 もとの姿は 変わらざりけり

明治21年7月19日の朝、鉄舟は「腹痛や 苦しき中に明け烏(からす)」とうたいながら朝湯につかり、上がると城装束に着替え、左手に数珠、右手に団扇をもってドッカと座った。
やがて、勝海舟が見舞いにくると、しばらく世間話しをしていたが、やがて鉄舟は「只今、涅槃に入る」と言った。海舟が「左様か、ではお心安く御成仏を」と言って辞去すると、そのままいつの間にか息を引き取っていた。座は崩れず、形は正しく、それを見た門弟たちは「活仏(いきぼとけ)だ、活仏だ」と騒いだ。
書はおびただしい量にのぼるが、文章としては剣道論のほか、西郷隆盛との会見を述べたものが残る。



次郎長に関する質問に丁寧に御答えいたします。(会員、非会員問わず)
「次郎長翁を知る会」への入会方法なども こちらへどうぞ




『次郎長翁を知る会』HOME / 最新情報 / 船宿『末廣』/ 次郎長物語 /清水次郎長/静岡異才列伝/次郎長テスト/ お問合せ /


-web管理者-